2024年1月21日、冥王星が水瓶座へ!

2022年6月13日(月)★今日のミニ星予報

スポンサーリンク

星予報

 

2022年6月13日(月)

今日のホロスコープ推移 (午前0時 –> 午後11時59分)

20220613-0020220613-23

 

★気になるアスペクトとミニ星予報★

日が変わり数分で、蠍座のと魚座海王星の「」のトラインがピークに達しました。

まさに南西の空では、蠍座の星々が寄り添い輝く頃のことです。

 

早朝、は「蠍座の涙の29度超え」に入るとともに、

正面の牡牛座水星オポジションを結びました。

ちょうどここには、山羊座冥王星が両星に対して調停に入る形で。

 

月曜早朝のこの緊張を超えたは、「」の射手座へと繰り出します。(午前7時半ごろ)

 

このは、これより牡羊座木星火星と相次いで「」のトラインを結びエネルギーを増しつつ、

明日の夜の双子座太陽との満月に向かう流れです。

 

夕方、牡羊座木星と「」のトラインを結んだ射手座のお様は、

夕方6時頃には南東の空に昇ってきます。

今夜のは、蠍座の心臓、「火」「大火」とも呼ばれる赤星アンタレスと溶け合い、

燃え上がるような「」の輝きを届けてくれそうです。

 

そんなを、同じ「」のサインである獅子座の星たち(レグルスデネボラ)が西の空から出迎えます。

 

★月で感じる波長~振り返りワーク★(新コーナーです)

前回、蠍座を運行したのは、5月14日(土)夜7時半頃~16日(月)夜9時頃までのこと。

続いて、射手座を運行したのは、5月16日(月)夜9時頃~18日(水)夜9時頃までのこと。

 

この月と自分との波長を振り返り感じてみる、そんなきっかけとなりますように。

 

今日も天の星々とつながる素敵な一日を☆

双子座いずみでした。

 

毎朝更新「星予報」一覧はこちらに! 惑星移動や注目アスペクト、ぷち星空情報などをお届け中!

 

(データやホロスコープ図は「nut’s wheel さくっとホロスコープ作成」さんより)

タイトルとURLをコピーしました