2024年1月21日、冥王星が水瓶座へ!

2022年6月6日(月)★今日のミニ星予報

スポンサーリンク

星予報

 

2022年6月6日(月)

今日のホロスコープ推移 (午前0時 –> 午後11時59分)

20220606-0020220606-23

 

★気になるアスペクトとミニ星予報★

今朝は、6時過ぎに、獅子座中盤をゆくと水瓶座土星オポジションを結びました。

そこに牡牛座水星もゆるくTスクエアでからむ星回りで。

 

土星は前日に逆行を始めたばかり、水星順行に転じて間もない時期。

ともに「不動宮」にて、少々不安定さも感じる中での刺激的なTスクエアとなったかもしれません。

そんな6日月曜日の目覚めはいかに?!

 

少々刺激をもたらした獅子座のは、午後に入ると乙女座への引越し準備に。

ちょうどこの頃、南東の空では、レグルス(獅子座1等星)と溶け合うかのような大接近を繰り広げるお様です。

 

レグルスに別れを告げた獅子座のは、午後3時半前、乙女座へと移動します。

 

今日は二十四節気で言えば「芒種(ぼうしゅ)」。

暦で言えば、夏も半ばにさしかかる頃。

ちょうど稲などを植え付ける時期を指すそうですね。

そんな日にが「」の乙女座入りを果たします。

 

日没後、8時頃の夜空では、そんな乙女座の1等星スピカ

南の空より「」の輝きを届けてくれそうですよ。

 

明日はこの乙女座で上弦の月

今週前半はまた少々「」の広がりを感じる日々になるのかもしれません。

 

★月で感じる波長~振り返りワーク★(新コーナーです)

前回、獅子座を運行したのは、5月7日(土)夜9時頃~10日(火)朝8時頃までのこと。

続いて、乙女座を運行したのは、5月10日(火)朝8時頃~12日(木)午後3時半頃までのこと。

前回の乙女座の月はちょうど連休明けの週半ば頃、木星の牡羊座への移動などもあった頃のことですね。

この月と自分との波長を振り返り感じてみる、そんなきっかけとなりますように。

 

今日も天の星々とつながる素敵な一日を☆

双子座いずみでした。

 

毎朝更新「星予報」一覧はこちらに! 惑星移動や注目アスペクト、ぷち星空情報などをお届け中!

 

(データやホロスコープ図は「nut’s wheel さくっとホロスコープ作成」さんより)

タイトルとURLをコピーしました