2024年1月21日、冥王星が水瓶座へ!

2022年6月7日(火)★今日のミニ星予報

スポンサーリンク

星予報

 

2022年6月7日(火)

今日のホロスコープ推移 (午前0時 –> 午後11時59分)

20220607-0020220607-23

 

★気になるアスペクトとミニ星予報★

乙女座の前半をゆくお様。

今日は牡牛座金星・天王星と相次いで「」のトラインを結び、

日の変わる直前に、双子座太陽との上弦の月へと向かいます。

 

まず、午後を回ると、が牡牛座金星と「」のトラインのピークに。

 

夕方、日没後間もない南の空では、上弦に向かう半月の輝きが地を照らしてくれそう。

この半月を挟み、ちょうど乙女座スピカ双子座カストル・ポルックス兄弟が

左右から輝くような天の配置です。

(夜19時過ぎ、日没直後の南の空ではスピカが、西の空ではカストル・ポルックスが輝く配置)

 

今夜遅くに繰り広げられる、乙女座 vs 双子座による上弦の葛藤エネルギーも

一層高まりを見せることになりそうですね。

 

夜11時半ごろ、上弦の月直前に、乙女座のは牡牛座天王星と「」のトラインを結びます。

この勢いのまま、午後11時50分頃、は双子座太陽スクエアに。

柔軟宮」同士のスクエア上弦の月です。

 

明日も乙女座の後半をゆくを筆頭に、「」の勢いが増すことになりそうです。

 

★月で感じる波長~振り返りワーク★(新コーナーです)

前回、乙女座を運行したのは、5月10日(火)朝8時頃~12日(木)午後3時半頃までのこと。

この月と自分との波長を振り返り感じてみる、そんなきっかけとなりますように。

 

今日も天の星々とつながる素敵な一日を☆

双子座いずみでした。

 

毎朝更新「星予報」一覧はこちらに! 惑星移動や注目アスペクト、ぷち星空情報などをお届け中!

 

(データやホロスコープ図は「nut’s wheel さくっとホロスコープ作成」さんより)

タイトルとURLをコピーしました