2024年4月9日は牡羊座新月・日食です!

2022年7月5日(火)★今日のミニ星予報

スポンサーリンク

星予報

 

2022年7月5日(火)

今日のホロスコープ推移 (午前0時 –> 午後11時59分)

20220705-0020220705-23

 

★気になるアスペクトとミニ星予報★

今日も、蟹座太陽の下、が「」の乙女座をゆきます。

ただ、夜に向け、そんなと魚座海王星との間で葛藤も繰り広げられそうです。

 

午前中、乙女座の中盤を過ぎたが、牡牛座天王星からのエネルギーを受け、

地球に「」のエネルギーを届けます。(「」のトライン)

ちょうど朝8時前後、南の空高くから、そんな天王星のエネルギーを感じられそうです。

 

は、この後、乙女座後半をゆき、正面の魚座海王星とのオポジションに向かう流れです。

 

さて、今日は他にも大きな変化が。

セクスタイルで調和状態の牡羊座火星と双子座水星が、

午後3時を過ぎると、相次いで共にサインを移動することに。

 

まず、牡羊座火星牡牛座へ。(8月20日まで)

続いて、水星蟹座へ。(7月19日まで)

 

火星水星も自らの自室であるホームサインを離れることになります。

活気を帯びていた両星が同時に自室をあとにすることで、

熱が冷め、少々のトーンダウンと風向きの変化を大きく感じることになりそう。

 

これより、火星水星も蟹座太陽と足並みをそろえ、

ますます「」と「」の広がりを感じていくことになるのかもしれません。

 

ただ、今日はそんな調和関係にある「」と「」との間で、

さっそく多少の葛藤が繰り広げられることにもなりそうです。

ちょうど夜11時前、が西に沈む頃、乙女座と魚座海王星オポジションがピークに。

 

ここにゆるく調停で入るのが、山羊座冥王星

は夜が更けるにつれ、さらにこの冥王星との「」のトラインを深めてゆく流れです。

 

火星水星が丸みを帯びた今、こうした「」や「」をめるぐエネルギーが

一層、前面に感じられやすくなるかもしれませんね。

 

今日、意識したいポイントは・・・

午前中、乙女座と牡牛座天王星が「」のトラインに!

午後3時を回ると、火星牡牛座へ、水星蟹座へと移動!

蟹座太陽の下、「」と「」の調和がじわじわと本格化し、全面に広がりそう!

夜、乙女座と魚座海王星オポジションに!  はさらに冥王星と「」のトラインへ向かう!

 

★月で感じる波長~振り返りワーク★

前回、乙女座を運行したのは、6月6日(月)午後3時半ごろ~9日(木)深夜0時半ごろまでのこと。

この月と自分との波長を振り返り感じてみる、そんなきっかけとなりますように。

 

今日も天の星々とつながる素敵な一日を☆

双子座いずみでした。

 

毎朝7時頃に更新「星予報」一覧はこちら! 惑星移動や注目アスペクト、ぷち星空情報などをお届け中!

 

(データやホロスコープ図は「nut’s wheel さくっとホロスコープ作成」さんより)

タイトルとURLをコピーしました