2024年1月21日、冥王星が水瓶座へ!

石井ゆかりさん「星ダイアリー2023」をお買い上げ★

スポンサーリンク

星ダイアリー2023

 

石井ゆかりさんの手帳「星ダイアリー2023」、今回もお買い上げです!

 

—> 2024年度版の予約も始まりましたね!

星ダイアリー2024年版の予約が始まりましたね!
また今年もこの季節が! 石井ゆかりさんの「星ダイアリー」の2024年版の予約が始まりましたね! 発売は、2023年9月28日(木)だそうですよ。 併せて、12星座ごとの「星栞(ほしおり)」の予約もAmazon等で始まったようです。 幻冬舎から発売の「星ダイアリー」および「 >>>続きを読む

 

本書はこの2023年度版で17年目となるそうですよ。

私は2016年度版から購入していますので、今回で8年連続でお世話になることに。

ちょうど星占いにはまり出した時期から使い続けています。

 

この手帳無しには、新しい年を迎えられない!」というくらい必須アイテムに。

通常のスケジュール帳とは別に、こちらは星イベントを目一杯書き入れたり、

自分の中での出来事や心の動きなどを書き留めておいたり、いろいろ。

 

毎回読むのが楽しみなのが、「はじめに」、各星座の「年間占い」、

各星座の「プロフィール」、「おわりに」の読み物部分。

 

もうあと3か月もすれば、新しい一年が始まります。

おおよそ新年の大きな星イベントや傾向をつかめたようで、大きな心構えができたような気持ちに。

 

しかし、来年は土星といい冥王星といい、特に3月頃の星イベントから目が離せませんね。

 

星ダイアリーと同時に発売になる「星栞(ほしおり)」(12星座別の一年ごとの占い本)は

いつも購入したりしなかったりいろいろなのですが、

今回は、15年振りに星座を移動する「冥王星」をピックアップしたコーナーも含まれているようで、

ちょっと大きな節目となりそうな年ですので、ぜひ購入したいなと思っています。

 

ただ、紙版電子版とで迷っていて。

電子版には、おまけ付録として星占いの種明かしがちょこっと含まれているらしく、

それをぜひ読んでみたいので、今回はこの電子版にしようかなと思っています。

 

 

また購入してみて、何かお伝えできることがあればお知らせしますね!

 

Link 幻冬舎の「星ダイアリー」や「星栞」の紹介ページはこちらです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました