2024年1月21日、冥王星が水瓶座へ!

石井ゆかりさん「星ダイアリー」「星栞」2021年度版レビュー

スポンサーリンク

星ダイアリーと星栞2021

 

今年も石井ゆかりさんの「星ダイアリー2021」と「星栞2021(ほしおり)」を購入しました!

(星栞は双子座版です)

 

今年の発売日は、2020年9月30日でしたので、

約ひと月遅れの購入です。

 

今年も会えて嬉しい~。(*^^*)

星ダイアリー2021

星ダイアリー2021」は、昨年と同じように12星座共通の総合ダイアリー

今年は恋愛版がなくなって、この1本に統合化されたんですね。

 

昨年2020年度版とほぼ同じ構成で、

星や月の動きがチェックできる月間週間年間カレンダー星の動きチャートに、

石井ゆかりさんの年間占い月間占いなどが盛り込まれているダイアリー(手帳)です。

 

2021年度版は、なんとも癒やされるパステル調のグリーンの表紙で、

手に取ると、ほわっと優しい気持ちがふくらみますよ。(*^-^*)

 

幻冬舎の「星ダイアリー2021」特集ページで、詳しい内容やサンプルを見ることができます!

 

星栞2021双子座

こちらは、ハンディーサイズの「星栞(ほしおり) 2021年の星占い」双子座版です。

 

「星栞」は12星座別に分かれていますので、

自分の太陽星座からの視点にどっぷりとひたれる一冊となっています。

 

今年は、去年より年間占いページが5ページほど増えていますよ!

(ただ、昨年と同じく、年間占いの最初の部分は、「星ダイアリー」に掲載の

12星座別年間占いと内容が重複します。)

 

その他、年間恋愛占い月間占い(星の動きとともに)、

365日分のデイリー占いカレンダーに基づくおおよその流れの解説

12星座のプロフィールと2021年関連のプチ占い星占い用語解説などで構成されています。

 

こちらも詳しい内容が、幻冬舎の「星栞2021年の星占い」特集ページに出ていますよ!

 

石井ゆかりさんの「星ダイアリー」は、今回で6年目の購入になります。

日々、一番活用しているのは、月間カレンダーかな。

月や星の動きをぱっとチェックできるので、自分の感情の流れをつかんだり、

大事なスケジュールを組む際の参考にしたり、とっても便利なんですよね。

 

星栞とともに、月が替わるごとに月間占いに目を通すことも多いかな。

その月の間の星の動きを把握し、ゆかりさんの月間占いを読むことで、

その月を過ごすための、おおよその心構えのようなものができるような気がして。

 

本当に、日々の生活に無くてはならない大切な存在です。

これで、また来年も地に足を付けて歩いていけそうです。(*^-^*)

 

 

タイトルとURLをコピーしました